GOKOKUの由来


私の会社を立ち上げるに至った信念と、
社に込めた願いをお話します。

Gokoku-logo-2

【ロゴマークの由来】
・日本と象徴の日の丸

・豊かさ、博識、謙虚さを象徴とする、
深くこうべを垂れた稲穂

・妥協を許さず、最高のご提案を
模索するという信念を込めた富士山

【名前の由来】
・護国として。
自分のような微力な存在でも可能な
小さな貢献が、人のためとなり、
ゆくゆくは国のためとなる。

この国に生まれ、大切と思える人と出会い、
この国に育んでいただいたことに感謝します。

これからの世代に
良き未来を引き継ぐためにも、
この国に恩返しをするためにも、
護られる立場ではなく、護る立場でありたい。
そんな願いを込めています。

・五穀豊穣として
自分のできる貢献で、
ご縁のある人に豊かになっていただきたい。
ひいてはそれが、
日本を豊かにすることに繋がると信じている。

こうべを垂れた稲穂は、
豊かさと博識の象徴とし、
それでいて謙虚さを持つ日本人の美点を表す。

自分も驕らず、
いつまでも謙虚にご縁をいただけたあなたと
関係したいとの願いを込めています。

【基本精神】
私は「人として正しいこと」
最優先の判断基準とします。
その上で自身の提案する国益主義に則り、
貢献こそを私の価値としてご提供致します。

国益主義
私の仕事における考え方です。
日本人の和を尊ぶ精神を基に、
現代の資本主義時代を
日本人らしく生きるための考え方と定義します。

信念を持ち、正直に主張し、
それであり相手を理解することに努力する。
協調と貢献の道を善とする。

自らが隣人に行う小さな貢献がめぐり、
ゆくゆくは日本国を知識的にも物質的にも
豊かにするものと信じる。

日本が更に豊かになればこそ、
自らもまた豊かになるものである。

国益と言葉にすると
壮大なものを想像してしまいますが、
その壮大なものも、
国を構成する人々の利益の集まりから
成り立つものであると考えています。

たとえ小さなことでも臆せず、
自らができる貢献を出し惜しみせず、
弛まず、その精神と貢献が連鎖するよう
心がけることを誓います。

 

長文をお読み下さいましてありがとうございます。

人として正しいことを再優先とすること

 


投稿日:2016年4月11日 更新日:

執筆者:

スポンサードリンク

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。






お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文