5分間コンサルティング

『怒らないでください』あなたの人生の経営者は誰ですか? 1日5分の自己投資 人生を経営するための100の経営術 哲学の5 我が子に残す100の経営学

投稿日:2016年11月21日 更新日:


皆様こんにちは。
本日も5分で成果の向上ができる。
5分間コンサルティングを始めたいと思います。

残念ながら、よく怒る人がいます。
なぜ怒るのでしょうか?
答えは簡単です。
怒らずにはいられないからです。

あらゆる点で、余裕が無いために人は怒るのだ。
私はそのように考えています。

たしかに、日々常に笑顔でいることは難しいのかもしれません。
ものごとがうまくいかず、心がざわつくときは私にもあります。
しかし、経営者様でなくとも、経営者様であればなお、怒らないでください。

怒るということは、周囲を威圧により治めることです。
これは、甘えと同義です。
成すべき努力をせず、楽をして周囲を治めているのです。

その楽に依存をしないでください。
そうではなく、怒らずとも良い環境をいかに作り上げるのか。
このことをよく考えてください。

同時に。
怒ると叱るを使い分けてください。
さらに叱るということも極力、それをせずとも良い環境を作り上げるべきでしょう。

私は仕事柄、人材育成についての質問を受けます。
実は、人材育成とは怒る人には難しいのです。
恐怖によって人に意欲的に前を向いていただくことは至難の業なのです。

私がこのようなことを書くのは、ひとえに。
怒ることとは、とても損をすることであると認識をしているためです。
そんなことで、損をしないでほしいのです。

このように書いても、普段から怒ってばかりいる人は僅か少数でしょう。
そうでない方には、是非周りを明るくする方法を考えてみてほしいのです。

なぜなら、それは結果として、あなたに得をもたらすからです。
なにやら宗教のようになってしまいましたが、事実です。

周りのことを考えられる人は、余裕を持っています。
つまり、自己の感情のコントロールが可能です。

この自己の感情のコントロールができないと、とても生き辛い世界で生活することを余儀なくされます。
この世界から、最低限の安定が奪われてしまうためです。

自己の感情をコントロール。
そのための方法は難しくありません。
人は、意識できるものはコントロールができます。
反対に意識できないものはコントロールができません。

よって、自己の感情を意識するように心がけてください。
できるだけ余裕を作って、他者の感情を意識するように心がけてください。
それだけで、心理的な安定は遥かに強度を増すのです。

職場の環境を明るいものに保つということは、経営者様の義務である。
同時に職員のマナーであると、私は考えているのですが、いかがでしょうか。

人生も経営も選択の連続です
あなたは今日、何を決めますか?

護国経営コンサルティング
臼田 寛

↓     ↓     ↓     ↓
この話があなたのお役に立ったのならば、
ぜひ、本日のコンサルティング報酬として、
どちらかの1クリックをお願い致します。


ホームに戻る方はこちらからどうぞ


-5分間コンサルティング

執筆者:


  1. […] 以前にも、『怒らないでください』 この記事でも書きましたが、怒るということは、 それでなくては問題の解決ができない。 あるいは、楽のためにその方法を選んでいる。 このような […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イライラする方必見 イライラを抑える特効薬をお伝えします

スポンサーリンク イライラする方必見 イライラを抑える特効薬を内緒で教えます。   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださ …

経営に脳科学の知識は必須である ホメオスタシスを理解する

ホメオスタシスを理解する   本日もご訪問いただき、ありがとうございます 皆様こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。 あなたの人生は、あ …

プレゼン嫌いで生ずる莫大な損失? 非常に恵まれた機会ということ

プレゼン嫌いで生ずる莫大な損失?   本日もご訪問いただき、ありがとうございます 皆様こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。   あなた …

大叔父からの教え 飛耳長目畦走り 情報、先見、独自の技術

皆様こんにちは。 本日も5分で成果の向上ができる。 5分間コンサルティングを始めたいと思います。 今回の話は私のただの思い出話です。 私がまだ中学生の頃、今は亡き大伯父より教えていただいた考え方を紹介 …

ありがとう運動と日本人の弱点 褒められたら素直に喜び謙遜はその後

スポンサーリンク ありがとう   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 ある時はコンサル目線にて企業経営について。 またある時は、あなたがあなたの人生の経営をしているということに気 …

スポンサードリンク

2016年11月
« 7月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文