5分間コンサルティング

『生きること死ぬこと』あなたの人生の経営者は誰ですか? 1日5分の自己投資 人生を経営するための100の経営術  我が子に残す100の経営学

投稿日:2016年11月29日 更新日:


皆様こんにちは。
本日も5分で成果の向上ができる。
5分間コンサルティングを始めたいと思います。

いま、私が生きていることは当たり前ですが、
同様に、当たり前のように人が亡くなります。
私もこれまでに、大切な人を失いました。

その度に、私を育んでいただいた方のご恩を胸に刻むと同時に、
私も何かを育むことができるような存在でありたいと願います。
自らの人生が多く役に立つこと、貢献できるようにと、
よく生きていきたいと願います。

私の周りには、良心を持つ方ばかりでした。
よって、その方々の死が訪れたとき、
悲しみと同時に、良き思い出が追想さ、。
生前の教えを再度仰ぐ思いとなります。

そのような、私の一方的な想いも伴い。
人は死して愛を完成させるものなのかと考えてしまいます。

なぜこのような話をするかといいますと、
私はそのように死にたいと思っています。
よく生きるためにこそ、死について学ぶべきであると考えます。

有名な葉隠には
『武士道と云ふは死ぬここと見つけたり』
とあります。

私はこれを、
人生死ぬことと見つけたり。
このように訳しています。

つまり。
自らが何をして死ぬべきなのかを考える。
それを成すために、どのように生きるべきなのかを考える。
そしてそれを実行することを理想の生き方と考えます。

いくら目を背けても、死は近づいてきます。
自らの命は燃えていきます。
ならば、その命は何に燃やすべきなのか。
そのために尽きたのならば本望といえる目的を見つけるべきではないのでしょうか。

私は、
その目的のために死ぬことができます。
しかし、その目的と関係ないところで死ぬことはできません。
そして、その目的を失うということは自らの死と同義であり、
人生において目的を失うことはできません。
よって目的を達成するまで死ぬことは許されず、
達成するまで死ぬ気で選択と実行を繰り返すのです。

私は、そのような生き方がしたく。
その目的を達成して死にたい。
その道中にいる、現在に幸せを感じています。

人生も経営も選択の連続です
あなたは今日、何を決めますか?

護国経営コンサルティング
臼田 寛

↓     ↓     ↓     ↓
この話があなたのお役に立ったのならば、
ぜひ、本日のコンサルティング報酬として、
どちらかの1クリックをお願い致します。


ホームに戻る方はこちらからどうぞ


-5分間コンサルティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人として正しいこと 私が大切にしている稲盛和夫さんの言葉

人として正しいこと 私が大切にしている稲盛和夫さんの言葉   皆様こんにちは。 本日も5分で成果の向上ができる。 5分間コンサルティングを始めたいと思います。 私が大切にする信念 今回は。 信念として …

『好立地の獲得のための考え方』-後編-人の考えの先を行くこと

好立地を獲得するための考え方   前回のまとめ 皆様こんにちは。 本日も5分で成果の向上ができる。 5分間コンサルティングを始めたいと思います。   昨日は、立地条件についての考え方。 これをお話しま …

落ち込んだときこそチャンスと言われるその理由を解説

スポンサーリンク 落ち込んだときこそチャンスと言われるその理由   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがと …

私、春めいています 気分も景気も上々で 息抜きの近況報告4月1日

スポンサーリンク 私、春めいてます   本日もご訪問いただき、ありがとうございます 皆様こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。 そして本 …

4-0-0第二章 あなたの人生を経営する覚悟

スポンサーリンク あなたの人生を経営する覚悟 前章にて、あなたを知るための作業をしていただくとともに、あなたの決意を固めるための知識と考え方を提供した。 すでにあなたには、決意が定まっただろうか。 人 …

スポンサードリンク

2016年11月
« 7月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文