5分間コンサルティング

子どもの授業日数は何日かご存知ですか?では大人はどうですか?

投稿日:2017年1月30日 更新日:


子どもの授業日数は何日かご存知ですか?では大人はどうですか?

 

皆様こんにちは。
本日も5分で成果の向上ができる。
5分間コンサルティングを始めたいと思います。
 

子どもの授業日数

ゆとり教育の導入、推進とともに、
学校が週5日制となったのは2002年の頃でした。
私の時代では、第2土曜日や、第4土曜日が休みとなっており、
当時馬鹿な子どもであった私は、大喜びをしていた記憶があります。
 
しかし、
大人になった今、改めてこの制度を考えてみると、
その弊害の大きさに、今更ながらに気が付くのです。
 
たとえば、皆様は。
子どもが学校に行き、授業を受ける日数。
1年365日の内、一体何日ほどあるのか。
これをご存知でしょうか?
 
これは簡単な計算で出すことができます。
1年365日÷1週間7日×週5日=260日
260日-春休み-夏休み-冬休み-国民の休日です。
 
では、答えは何日でしょうか。
およその予測は付くのではないでしょうか?
その答えは、概ね200日となります。
  
そして、この200日はあくまでも登校する日数となります。
つまり、体育祭、文化祭、始業式、入学式、卒業式、そしてその練習と、
授業を受けない時間。
これらを考慮すると、およそ180日となり、
なんと、その日数とは1年の半分以下となってしまいます。
 
この数値を知ると、
土曜日の授業を削減することがいかに大きなものであるか。
また、どれほどのカリキュラムの変更と内容の削除を余儀なくされるか。
このことを考えたとき、我が国はとても大きな損失をしていると言わざるを得ません。
よってその損失を補うためにも、学校以外での学習の場が必要である。
私は家庭での学習が最も適すると考えるのですが、
このような結論に達するのです。
 

では、私たち大人はどうか?

さて、当サイトは経営ブログですのに、
教育の分野にしゃしゃり出てしまいましたね。
しかしこの国を思えばこそ、教育とは考えて考え過ぎることは無い。
私はこのように考えております。
 
では、その上で、
私たち大人はどうでしょうか?
 
私たち大人は、
子どもより遥かに多くの日数を勤労に費やしますが、
その実、勤労をしながら勉学に努める日数とは、
一体何日ほどあるのでしょうか?
 
私たちには、
当たり前に教育を施してくれる機関も、
なんでも質問に答えて下さる先生も、
共に切磋琢磨してくれる学友も与えられません。
自らでその環境を獲得しなければならないのです。
そして、それを獲得するか否か。
これにより、恐ろしいほどの教育格差が生ずるということは、
想像に難しくないところでしょう。
 
少し前に、格差社会という言葉が流行りましたが、
この格差とは本来、知識による格差が根源となるものです。
先日の記事、學問ノスヽメでも書きましたが、
福沢諭吉先生もそのように仰っておりますね。
 

生涯学習

私が大切にしている言葉に、
『生涯学習』というものがあります。
人はいつまでたっても、人である限り学び続けなければならない。
私はこのようにこの言葉を訳し、自らを律する言葉としています。
 
学習というと、子供の教育と即座に結論を付けてしまいがちですが、
子どもの見本となる大人が学習を疎かにして、
子どもに学習を課すのでは、その自主性が育まれる道理がありません。
 
子どもの教育とは、この国の未来を語る上で非常に重要な要素ですが、
同様に学校教育だけでなく、自らの学習指導要領もしっかりと精査をし、
構築する必要があるのではないか?
私はこのように考えるのですが、いかがでしょうか。

人生も経営も選択の連続です
あなたは今日、何を決めますか?

護国経営コンサルティング
臼田 寛

↓     ↓     ↓     ↓
この話があなたのお役に立ったのならば、
ぜひ、本日のコンサルティング報酬として、
クリックをお願い致します(๑˃̵ᴗ˂̵)و


ホームに戻る方はこちらからどうぞ


-5分間コンサルティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

絶対はある!! 私たちはときに冷静に、ときに情熱的に生きていく

スポンサーリンク 絶対はある!!   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。 あなたの人生は …

目に見えないコスト スイッチングコスト 人生の損失を避ける

スポンサーリンク スイッチングコスト   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 ある時はコンサル目線にて企業経営について。 またある時は、あなたがあなたの人生の経営をしているという …

口は災いの元、愚を露見する元

スポンサーリンク 口は災いの元   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 ある時はコンサル目線にて企業経営について。 またある時は、あなたがあなたの人生の経営をしているということに …

『あなたは今週、何をしましたか??』コンサルの手法を公開

あなたは今週、何をしましたか??   本日は参加型企画の日ですね 皆様こんにちは。 本日も5分で成果の向上ができる。 5分間コンサルティングを始めたいと思います。   さて、今回は。 週に1度の参加型 …

タイトル 目次 はじめに

スポンサーリンク   タイトル いい加減に気付きましょう。あなたの人生は誰のもの?   目次 はじめに この本を読んであなたが得るもの 第一章 あなたの人生を経営する決意 第一節 あなたを知る 第一項 …

スポンサードリンク

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文