5分間コンサルティング

『好立地の獲得のための考え方』-後編-人の考えの先を行くこと

投稿日:


好立地を獲得するための考え方

 

前回のまとめ

皆様こんにちは。
本日も5分で成果の向上ができる。
5分間コンサルティングを始めたいと思います。
 
昨日は、立地条件についての考え方。
これをお話しました。
 
簡単にまとめますと、
事業者のほぼ全てが立地を意識するため、
良いとされる立地が安価で出回ることもない。
そして、
立地良いがために成功をする事業など無い。
立地に期待し、依存してはならない。
お客様に期待をしていただき、
その期待の答えることこそが経営である。
このような話でした。
 
  スポンサードリンク



立地も条件の戦略のひとつでしかない

さて、今回は。
前回を踏まえた上で。
目的を達成しやすい立地に対する戦略。
良い立地を獲得する方法。
これをお話したいと思います。
 
では、早速。
そもそも、立地とは。
経営をする上での戦略の1つです。
それを、まるで全てかのように扱ってはならない。
このことは前回にお伝えをしましたね。
 
そして、戦略の1つであるということは、
考えるべきことは1つです。
それは、『投資効率』となります。
 
つまり、
基本の4つのポイントから、
どのようなリスクやリターン、
効果があるものか。
これをきちんと、自らで把握することです。
 

基本の4つのポイント

基本の4つのポイントとは、
・お金
・人
・空間
・時間
でしたね。
 
具体的な例に置き換えると、たとえば。
・家賃
・従業員数
・客席数
・いつ借りれるか、いつまでいくらで借りれるのか
これらのことを、自らの現在の規模や、
未来に目的とする規模に合わせて考えるということです。
 
端から見れば当たり前と考えられがちな、これらでさえ、
現実において当然に考慮されているとは言えません。
安かったから。
居抜きだったから。
ときには、今がチャンス、
今しかないと言われたから。
このような理由で、先の4点について精査をすることをせず、
決定後になり、
もっと客席を作りたかった。
あるいは、従業員の求人がなく広さを持て余している。
このような事例は枚挙にいとまがありません。
これは、立地を条件の1つと考えず、
それ以上の効果を持つと盲信した結果の過ちであることが多いのです。
 

好立地の本質

そして、
その延長で大切な考えがもう一つあります。
それは、
本質を見抜く視点です。
 
前回に、私はこのようにお話をしました。
現代では、事業を行う者のほぼ全てが立地を意識する。
よって、良いとされる立地が安く出回ることはない。
 
さて、良いとされる立地です。
私たちは何をもって、
その立地を『良い』と判断するのでしょうか。
 
実際に事業を始めるのですから、
現地に赴き人通りなどを計測する。
この程度のことはするでしょう。
しかし、大半の方は最終的に。
何処とも知れない会社が出した『調査結果』、
これをもって、あるいはこれを類推し予測を立てるのです。
 
では、その調査結果とは、
私たちの未来をどれほどに熟慮し作られているのでしょうか?
人通りが多い方が良い。
このような当然と捉えられる条件でさえ、
人通りが多くても潰れてしまう店。
郊外にあるのにいつも繁盛している店。
このような店があるのです。
好立地とは、あくまでも今の人が、今の価値観において。
良いとする条件を保つ立地です。
これに頼ることがいかに危ういかを考えてみてください。
 
  スポンサードリンク



あなたにとっての好立地

これらは私たちのことです。
私たち以上にこれらを考えることができる人はいません。
その知識を借りることをしても、考えることを放棄してはなりません。
 
自らの事業による、
・貢献内容
・お客様の層
・規模
・機能
・用途
・イメージ
・対価
一例ですが、これらが自らに合致した立地こそ、
はじめて良い立地といえるでしょう。
そして、
これらを考えた上で、好立地とし、
事業予定地を探している方は、残念なことに、
或いはこれから事業をする方にとっては幸運なことに、
ごく少数であると言えましょう。
 
つまり、誰にでもではなく、
自らにとって良い立地。
これにしっかり考え答えを出すことにより、
良い立地を、良い条件で借りること。
これができるのです。
 
さいごに、
残念ながら、10年継続できる会社とは、
数字にして6%しかありません。
100社の内、94社は10年以内に消滅をしています。
 
しかし、
私たちの事業とは、10年20年先を見たものです。
借りる土地が10年後、20年後にどのようになっているのか。
明るい未来が予想できる土地こそ、良い立地である。
このようにも考えることができるでしょう。
なぜなら、多くの方は今どうであるか、
この考えに偏りすぎている。
私はこのように思うのです。
いかがでしょうか。
この記事が、少しでもあなたのお役に立てたのでしたら幸いです。



ホームに戻る方はこちらからどうぞ


-5分間コンサルティング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3-3-3第一章三節三項 あなたの人生を経営する決意-3実践する-3すぐにやる

スポンサーリンク すぐにやる   林修先生の「いつやるか、今でしょ!」という言葉は非常に有名だ。 この言葉は予備校生だけでなく多くの方に今という大切さを認識させ、人生においての気付きを与えた素晴らしい …

4-1-0第二章一節 あなたの人生を経営する覚悟-1あなたの脳を知る

スポンサーリンク あなたの脳を知る さてこの章において、あなたが行動し継続する、その覚悟を定める前に脳について理解をしていただきたい。 あなたは本やセミナーなどで何かの気付きを得て熱意に燃えるも、その …

『健康の話』あなたの人生の経営者は誰ですか? 1日5分の自己投資 人生を経営するための100の経営術 能力の 我が子に残す100の経営学

皆様こんにちは。 本日も5分で成果の向上ができる。 5分間コンサルティングを始めたいと思います。 社会で活躍されている皆様は 『時間』 『人脈』 『知識』 『能力』 『金銭』など 多くの資産を持ってい …

タイトル 目次 はじめに

スポンサーリンク   タイトル いい加減に気付きましょう。あなたの人生は誰のもの?   目次 はじめに この本を読んであなたが得るもの 第一章 あなたの人生を経営する決意 第一節 あなたを知る 第一項 …

三段論法の罠 世の中を正確に定義付けできることはとても少ない

スポンサーリンク 三段論法の罠   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。 あなたの人生は、 …

スポンサードリンク

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文