5分間コンサルティング

アベノミクス失敗?効果がない? 恩恵がないのは誰のせいなのか?

投稿日:2017年3月24日 更新日:


アベノミクスの効果と成功と失敗

 

本日もご訪問いただき、ありがとうございます

皆様こんにちは。
本日もこのようなネットの僻地。
護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。
 
あなたの人生は、あなたが経営をしています。
この当たり前のことを、
一体どれほど多くの方が見落としているのでしょうか。

本日もこれらを再確認し、
この意識を自らの当たり前とするために。
そして、その当たり前を常に疑う目を養い、
当たり前としてしまわないために。

5分で成果の向上ができる5分間コンサルティング。
早速始めたいと思います。
ちなみに当ブログは毎夜21時には更新完了致します。
どうぞよろしくお願いを致しますm(__)m
 

今回のテーマはアベノミクス

さて、
我が国は現在、絶賛デフレのさなかにあります。
そのデフレを脱却するためにも様々な施策が打ち出されてきました。
地域振興券やエコポイントなどは記憶にも新しいですね。

そして、
2012年12月には第二次安倍内閣が発足し、
安倍首相は再びアベノミクスを提唱し、
経済成長への舵取りを行っています。

その中で、それらが効果的でない。
恩恵がない、或いは無かった。
このような声を経営の現場にて多く聞くのですね。

私は経営の現場に立つ立場ですので、
もちろん経営者様のお立場に配慮を致します。
その上で、本当に恩恵がなかったのか。
これについて、本日は考えていきたいと思います。
 
  スポンサードリンク



アベノミクスとは

さて、アベノミクスとは。
2006年9月安倍静観の発足とともに提唱されます。
しかし、この時点では小泉政権の構造改革を引き継ぐ内容でありました。

2012年12月に第2時安倍内閣が発足するとともに、
安倍首相はアベノミクスを再提唱し、
3本の矢として、
・大胆な金融政策
・機動的な財政政策
・民間投資を喚起する成長戦略
これらを掲げます。

そして、途中で財政健全化を第4の矢とするか。
この議論をはさみ、
2015年9月の再選とともに、一億総活躍を提唱し、
そのための施策、
・希望を生み出す強い経済
・夢を紡ぐ子育て支援
・安心につながる社会保障
この新3本の矢を打ち出しています。

これらの各項目を更に細分化して考えると、
たとえば、大胆な金融政策に関しては、
・2%のインフレ目標
・無制限の量的緩和
・円高の是正と、そのための円流動化
・日本銀行法改正
このように、一つずつ考えていくこともできますが、
それは他の経済専門家におまかせをしましょう。
今回はあくまでも、経営ブログとして現場目線で考えたいと思います。
 

その成功条件とは

およそこのような一連の施策がアベノミクスである。
このように考えられますが、
では、果たしてこれらが効果的であったのか。
それとも、効果はなく失敗であったのか。
これについて考えたいと思います。

では、そのためには、まず。
何をもっての成功。
何をもっての失敗なのかを明確にすべきですね。
この定義が曖昧では、この問題を語ることはできませんし答えも出ません。

たとえば、
2%のインフレ目標が成功条件でしたら、
成功への道は厳しいものとなるでしょう。
ですが、円高抑制、株価上昇を条件とすれば既に成功しているといえます。
このように定義を決めずして、その成功や失敗を語ることができません。
にも関わらず、それらを明確にせず成功や失敗を騒ぐ声が大きすぎるのですね。
 

アベノミクスと現場の声

そして、現場の声とは更に曖昧な定義の上で上がってきます。
これはたとえば、アベノミクスが行われても自社の売上が上がらない。
このような事例を根拠として失敗を叫ぶ声が圧倒的に多いということです。

まずもって考え違いをしている点は、
1.アベノミクスは特定企業の活性化のための施策ではない
2.経済が上向けば必ず自社に恩恵があるものでもない
大きくこの2点といえ、その上で、
成功条件を自社の売上としている点はひどくナンセンスですね。

おそらく、
このような理由でアベノミクスは効果がない。
このように仰る方は、過去の地域振興券やエコポイント。
この時も同じように政府の施策を批判していたことでしょう。
そして、その考えで居続ける以上
いかな施策がなされても社が潤う可能性は低いと言わざるを得ません。
 
  スポンサードリンク



アベノミクスの成果

では、ここで。
アベノミクスによる成果と言えるものを紹介します。
・日経平均は8,664円から最高値19,600円となりました。
・ドル円は79.51円から最高値125円まで上昇しました。
・失業率は4.2%から4.0%へと改善。
・有効求人倍率は0.83倍から1倍へと増加。
・GDP成長率は-3.6%から+4.5%へと改善。
そして、企業の内部留保は肥大を続けています。

株価と為替については特にですが、
時期が良かったともいえます。
しかし、これらを見て成果がないとは考えることができません。

その上で、
消費税増税がネックとなり経済成長の重しとなっていますが、
この増税も決定自体は前政権となります。
実際には取り消しとすべき案件だとは思いますが、
消費税10%の延期に踏みとどまったことでも、
経済の悪化は免れました。
 

経営者の仕事とは

さて、この結果から。
経済自体は上向きであるといえます。
しかし、個人の所得は増加していません。
これは先の企業が抱える肥大化した内部留保。
これが還元されていないからなのですね。

そしてそのように内部留保を溜め込む企業がある傍ら、
自社の売上が上がっていないということ。
そして、それをもってアベノミクスは効果がない。
このような判断をすることがどのようなことであるのかを考えてみてください。

口を開けていれば政府が利益を持ってきてくれますか?
経営とはそのような仕事でしょうか。
そのような考えでは、アベノミクスによる恩恵は、
次々に有能な経営者によって奪われてしまうでしょう。

そして、それは今回に限らず。
過去の地域振興券も、エコポイントでも。
その施策により莫大な利益を得ていた企業があることを忘れてはなりません。
その利益を取りに行くのが経営者の仕事なのです。
アベノミクスに乗り、経済を向上させるのは私たちなのです。

本日はこの辺りでお終いとしたいです。
最後までお読みくださいましてありがとうございます。

次回はきっと、もっと面白い話ができることでしょう。
ぜひ、またいらしてくださいね(*´ω`*)

この記事が、少しでもあなたのお役に立てたのでしたら幸いです。

あなたは人生を経営しています。
そのために必要な経営学がここにはあります。

護国経営コンサルティング
臼田 寛

↓     ↓     ↓     ↓
この話があなたのお役に立ったのならば、
ぜひ、本日のコンサルティング報酬として、
クリックをお願い致します(*´ω`*)



ホームに戻る方はこちらからどうぞ

当ブログは千のお悩み解決を目指します。
きっとあなたの問題解決のお役に立ちます(*´ω`*)
お悩み解決には下記からどうぞ↓↓

・哲学
哲学ナキ経営ハ経営ニ非ズ
・能力
能力ナキ経営ハ経営ニ至ラズ
・目的
目的ナキ経営ハ経営ト成ラズ
・人生経営
経営学ハ帝王学ソシテ人生ニ通ズ
・脳科学
人ハ脳ニヨリ生キ、脳ニヨリ死ヌ
・実践経営
実践コソ最良ノ学ビ
・護国の参加型企画
知識ヲ自ラノ血肉トス
・マジメに護国
貢献ノ幅ヲ広ゲル
・護国のどやぁ速報まとめ
人生ニ役立ツ一言ノウハウ集
・疑問、質問、お悩み、その他ご提案など
アナタノ悩ミヲ一発解決
・お知らせ
ゴ連絡トオ知ラセ

スポンサーリンク


-5分間コンサルティング

執筆者:


  1. バカワイン より:

    経済のことは難しくて分かりませんが、良くも悪くも横ばいって気がしています。
    特に僕は非営利の業種で仕事をしていますので、感じにくいんですよね。

    • 559 559 より:

      いつもコメントをいただきましてありがとうございます^ー^
      消費税の増税が経済を衰退させたといえますね。
      あれはとんでもない悪手でした><
      横ばいというバカワインさんの感覚は素晴らしいと思います。
      今となっては、増税がなければと悔やまれますね。

      ちなみに私は10%に増税はもってのほかだと思っています。
      いち早くデフレを脱却したいものですね^^

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

勝手にコンサルシリーズ第3弾 スターバックスさんを勝手にコンサル!

スポンサーリンク スターバックスさんを勝手にコンサル!   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうござい …

ヒット商品の構造とは 必ず売れるものの共通点を考える

皆様こんにちは。 本日も5分で成果の向上ができる。 5分間コンサルティングを始めたいと思います。 ものやサービスが売れるときとはどのようなときでしょうか? これは現代における究極のテーマとも言えます。 …

お前の話、理屈臭いねん(´・ω・`) 息抜きの近況報告4月22日

スポンサーリンク お前の話、理屈臭いねん(´・ω・`)   本日もご訪問いただき、ありがとうございます 皆様こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうご …

本を読む目的と本を書く目的 それは何のための本であるのか

スポンサーリンク 本を読む目的と本を書く目的   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。 あ …

麻原彰晃という能力者 人格と問題と能力を切り離して考える

スポンサーリンク 麻原彰晃という能力者   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 ある時はコンサル目線にて企業経営について。 またある時は、あなたがあなたの人生の経営をしているとい …

スポンサードリンク

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文