5分間コンサルティング 哲学

思い上がりとは 私たちは思い上がっても良い!

投稿日:2017年7月24日 更新日:


スポンサーリンク

思い上がっても良い!

 

本日もご訪問いただき、ありがとうございます

こんにちは。
本日もこのようなネットの僻地。
護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。

あなたの人生は、あなたが経営をしています。
この当たり前のことを、
一体どれほど多くの方が見落としているのでしょうか。

本日もこれらを再確認し、この意識を自らの当たり前とするために。
そして、その当たり前を常に疑う目を養い、当たり前としてしまわないために。

5分で成果の向上ができる5分間コンサルティング。
早速始めたいと思います。
何の因果か、当ブログにたどり着くほどの向上心をお持ちのあなたです。
日々の5分の習慣が、あなたの人生をより輝くものとすることでしょう。
ちなみに当ブログは毎夜21時には更新完了致します。
どうぞよろしくお願いを致しますm(__)m
 

先日の記事の反省点

先日に近況報告の記事にて。
「思い上がりには気を付けよう」
このような記事を書きました。

私は、編集者さんから頂いたこの言葉に感謝しております。
私の感じた限り、その編集者さんは私の為を思って様々なお話をしてくださいました。
その上で、言いにくいことを敢えて言ってくださったのですね。
しかし、それを安易に記事としたことについては後悔をいているのです。

なぜなら、思い上がりとはその全てを否定する言葉です。
たとえば私がどのような自己評価を持っていたとしても、自らの未来に可能性を感じていたとしても、それを思い上がりだと断じられたのならばそれで終わりです。
この言葉は、夢も希望も潰すとても残酷な言葉と言えるのですね。

そのような残酷な言葉を、安易にブログに載せたことを後悔しています。
もしかしたら、あなたの気持ちを後ろ向きになさてしまったのかもしれません。
そしてそれは、あなたに人生を経営することに夢と希望を抱いていただき、鼓舞しそっと背中を押して差し上げる当ブログの趣旨にあるまじき内容です。
後悔先に立たずですが、やってしまったなぁと反省する次第です。
 

私たちは思い上がっても良い

よって、本日はその訂正記事となります。
訂正と言いましても、先の記事を否定するものではありません。
私たちが思い上がってはならないこと、これは紛れもなく大切な考え方の1つであると考えます。

しかし、その上で。
私は、私達はもっと思い上がっても良い。
思い上がるべきである。
このようにも考えているのです。

なぜなら、私達にはいつだって無限の可能性があります。
その可能性を信じただけに、飛躍の機会は与えられるのです。

その自信を保つために、思い上がりが必要であるならば存分に思い上がるべきである。
自惚れることが必要ならば、どこまでも自惚れて良いと考えるのです。
 

自らの人生の可能性を放棄してはならない

私たちの人生は、私たちのものです。
私たちの人生を見て、人がどのように考えようと、どのように語ろうと、だから何だということです。

人の目を見て、評価を恐れて、自らの人生の価値を手放すようなことをしてはなりません。
私たちの人生の可能性を守るために傲慢であるということがそれほどに罪なことなのでしょうか。

よって、私たちは私たちの人生を追求する上では、思い上がり、自惚れ、傲慢、大いに結構である。
このように考えているのですね。

世の中を変えてきた価値観とは、そのような思い込みから生まれたことは少なくありません。
私たちは、私たちを過剰に信じても良いと考えます。
 

私たちが思い上がってはならない時

しかし、私たちがその人生において貢献を望む時。
誰かのために生きたいと願う時。
私たちは思い上がってはなりません。

思い上がるときとは、およそ相手の目線を意識していません。
相手を意識せず相手を想っては、それはときとして貢献どころか大きな迷惑にもつながります。
自らが行いたいだけの貢献などには、少しの価値すら無いということです。

このような思い上がった貢献では、誰も幸せにすることはできません。
ただ、自己満足という自らの快楽があるのみです。

私たちは自らの人生の飛躍を願う上では自らを盲信し、思い上がって、その可能性の追求をしても良い。
ただ、その成果を誰かに還元しようとしたときには、くれぐれも謙虚である必要があるということです。
 

貢献に見返りはない

しかし、その貢献が誰にも理解されないその独り善がりな行いであって、それでも先に大きな貢献となることを信じるとき。
あなたの行為がいずれ人への貢献となることを確信するというのであれば、それは行うべきです。
ただそのときには、心底に理解をしてくださる方以外は誰も巻き込まず、自らの責任のみにおいて行うべきなのです。

貢献とは、誰かのためとなることです。
しかし誰かのために行うものではありません。
ただ自らが行いたいからこそ行うということです。

先の考えと矛盾するようですが、そうではありません。
誰かのためとなることを、自らの喜びとできる。
その上で、その責任も負担も自らで背負い込み、仮に損害や被害を被ったとしても、ただ自分がしたいことをしたと語るだけの強さを要するということです。

貢献だ、感謝だ、感動だと。
世間は薄っぺらな言葉をこれ見よがしに振りかざします。
ですが、その言葉の内容が無いということなど、実はとっくに看破されています。
 

思い上がることの代償

よって私は、私たちは存分に思い上がって良い。
しかし、貢献を願うのならば謙虚を忘れるべきでない。
その上で、願ったり信じる貢献ができたのならば、そしてその貢献を目指すのならば人生を賭けるべきである。
このように考えています。

本日はこの辺りでお終いとしたいです。
最後までお読みくださいましてありがとうございます。

次回はきっと、もっと面白い話ができることでしょう。
ぜひ、またいらしてくださいね(*´ω`*)

この記事が、少しでもあなたのお役に立てたのでしたら幸いです。

あなたは人生を経営しています。
そのために必要な経営学がここにはあります。

護国経営コンサルティング
臼田 寛

↓     ↓     ↓     ↓
この話があなたのお役に立ったのならば、
ぜひ、本日のコンサルティング報酬として、
クリックをお願い致します(*´ω`*)



ホームに戻る方はこちらからどうぞ

当ブログは千のお悩み解決を目指します。
きっとあなたの問題解決のお役に立ちます(*´ω`*)
お悩み解決には下記からどうぞ↓↓

・哲学
哲学ナキ経営ハ経営ニ非ズ
・能力
能力ナキ経営ハ経営ニ至ラズ
・目的
目的ナキ経営ハ経営ト成ラズ
・人生経営
経営学ハ帝王学ソシテ人生ニ通ズ
・脳科学
人ハ脳ニヨリ生キ、脳ニヨリ死ヌ
・実践経営
実践コソ最良ノ学ビ
・護国の参加型企画
知識ヲ自ラノ血肉トス
・マジメに護国
貢献ノ幅ヲ広ゲル
・護国のどやぁ速報まとめ
人生ニ役立ツ一言ノウハウ集
・疑問、質問、お悩み、その他ご提案など
アナタノ悩ミヲ一発解決
・お知らせ
ゴ連絡トオ知ラセ

スポンサーリンク


-5分間コンサルティング, 哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『長所と短所』あなたの人生の経営者は誰ですか? 1日5分の自己投資 人生を経営するための100の経営術 能力の21 我が子に残す100の経営学

皆様こんにちは。 本日も5分で成果の向上ができる。 5分間コンサルティングを始めたいと思います。 たとえば。 あなたの長所を一つだけ大きく伸ばす魔法があるとします。 また、あなたの短所のほとんどを無く …

一石三鳥の実践案 私たちは人生において何を積み上げるのか

スポンサーリンク 一石三鳥の実践案   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 ある時はコンサル目線にて企業経営について。 またある時は、あなたがあなたの人生の経営をしているというこ …

集客とは なぜ、お客様にご来店いただけないのか。

スポンサーリンク   なぜ、お客様にご来店いただけないのか。   本日の余談? ご無沙汰いたしております。 自らがブログを所持しているという事実も忘れかけた今更に記事を投稿してみます。 最近は投稿の頻 …

当たり前のことほど書けないものね 護国の小ネタ集1

スポンサーリンク 護国の小ネタ集1   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 ある時はコンサル目線にて企業経営について。 またある時は、あなたがあなたの人生の経営をしているというこ …

能力とは いかなる能力も、つまりは知識ということである

人は 能力を持ち それを表現できる場と その機会があれば それだけで生きていける。 これは私の言葉です。 経営を含め、働くということは上の3つの要素が満たされているということです。 それに対し、一般的 …

スポンサードリンク

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文