5分間コンサルティング 哲学

贅沢とは 崇高な信念や命に触れること その生き様を味わうこと

投稿日:2017年8月16日 更新日:


スポンサーリンク

贅沢とは

 

本日もご訪問いただき、ありがとうございます

こんにちは。
本日もこのようなネットの僻地。
護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。

3日間のお盆休みをいただきまして、本日から通常営業です。
休暇中は近況報告として、眠たい記事を投稿しておりましたが、本日から人生経営、企業経営に役立つノウハウを発信していきたいと思います。

さて、あなたの人生は、あなたが経営をしています。
この当たり前のことを、一体どれほど多くの方が見落としているのでしょうか。

本日もこれらを再確認し、この意識を自らの当たり前とするために。
そして、その当たり前を常に疑う目を養い、当たり前としてしまわないために。

5分で成果の向上ができる5分間コンサルティング。
早速始めたいと思います。
何の因果か、当ブログにたどり着くほどの向上心をお持ちのあなたです。
日々の5分の習慣が、あなたの人生をより輝くものとすることでしょう。
ちなみに当ブログは毎夜21時には更新完了致します。
どうぞよろしくお願いを致しますm(__)m
 

戦時中の標語

「欲しがりません勝つまでは」
戦時中、国民の一致団結を図るにおいてこれほど都合の良い言葉は無かっただろうなと思います。
その結果、この言葉が独り歩きのように広まったのでしょうね。

事有れば非国民のレッテルが貼られる状況下、この言葉はとても大きな意味と影響を持ちます。
しかし、きっと。
これは憶測ですが、仮に勝っても、欲しがったものほどのものが与えられることは無かったのではないかと邪推します。

しかし、現代において。
人生経営において、この言葉はとても大切なものとなるのでしょう。
あなたが人生において勝つことで、最大の利益を得る方とはあなたです。
税金を除いては、誰に、何を搾取されることもありません。

現代にこそ、欲しがりません勝つまでは。
この標語を大切にすべきなのでしょう。
 

あなたは何にお金を使っていますか?

さて、いい男は自分のために金を使うと言います。
対して大したことのない男は、どうでも良いものに金を使うと言いますね。

似た言葉で、モテない男ほど女性にお金を使う。
モテる男ほど自分に金を使うと言います。

女性が社会で出て、男性よりもバイタリティを持つ時代です。
今やこの言葉は男性にのみ当てはまるものでもないのでしょうね。

つまり、自らの目的を成すために自らを高める為の投資を行うのか。
それとも、今許されている快楽に走るのかということなのでしょう。
残念ながら現代において、少なくない方が何に勝ってもいないのに求め過ぎててしまっているということなのでしょうね。
 

贅沢とは何か

その上で、タイトルの贅沢ということですが。
私は、そのときに許された享楽に浸ることを「贅沢」であるとは考えません。
更に言うのならば、金銭を消費することが贅沢であるとは考えません。

贅沢とは、崇高な信念や命、またはそれらをかけた作品に触れることである。
私はこのように考えているのです。

その上で、私たちは自らが相手の信念や命、その作品を受け止めるという姿勢。
いわゆる決意と覚悟を必要とします。

この理解を伴ってこそ、贅沢をしっかりと味わうことができる。
音楽にしても、絵画にしても、食事にしても、または私が尊敬する方からお話をいただくときも。
それを生み出すに至る葛藤や背景、その生き様を味わうということが最高の贅沢であると考えるのです。
 

私は多くの命や信念を自らに取り入れたい

よって、私にとって、ただお金を使うということは贅沢にはなりません。
一般的に価値が高いとされるものに触れたいという欲求は然程ありません。
音楽はクラッシック、映画は駄作と言われるもの、食事においては一杯の卵ごはんで感動や満足、楽しむことのできる私です。
何とも安っぽいのです。

また、欲しがりません勝つまでは。
これは身の丈にあった節制を促しながら、大きな推進力を維持した上で目的に邁進できるのですから、これほど理にかなった方法もないのではないのではないかと考えます。

この考えによるデメリットは特に思いつきません。
しかし、強いて挙げるのならば、多くの浅い欲が消えます。
結果、深い欲求が残り、それ自体は絞り込みができたという利益ですが、それはあくまでも自分にのみわかることです。
他者から見て、あの人、無趣味そうだよね?なんて言われる可能性は残ります。

そもそも、一般的に多くの方は、多額の金銭を消費することを贅沢と定義しているわけです。
そこに価値観の不一致が生ずることは否めないことでしょう。
とは言え、これ自体が何を危惧するほどの不利益をもたらすことでもありません。
 

贅沢を堪能するための心得

さて、世間一般と価値観を異にするということは、簡単なことではありません。
自らの信念や価値観をしっかりと持ち、その本質や順序を違えぬ意志の強さを必要とします。
信念や価値観を確立することには労力を要しますが、その恩恵も大きなものとなります。

自らがしっかりと意思を持つことにより、その時々のトレンドに揺れたり、右往左往することが少なくなります。
今は大衆魚とされ、食卓に上ることの多いイワシ。
過去に大変な不漁に陥ったことがあるそうです。

この時の価格は当然に高騰します。
それでも、とのときには、有難がって高値でイワシを食した方が多かったとのことです。
近年ではサンマの不漁による価格高騰、うなぎなども然りでしょうか。

また、400年ほど遡りますが、オランダではチューリップの球根一つが家とほぼ同価格となったことがありました。
笑えないような笑える話ですが、全て実話です。
これらは、自らを持たず、人や状況に左右された結果とも言えましょう。
当時は、これらを贅沢と考える方も少なくなかったのでしょうね。
 

あなたの贅沢とは何ですか?

つまりは、何を贅沢とするかということは、あなた次第であるということです。
あなた次第ということは、すなわち、人や一般的な意見を鵜呑みにするということではありません。

金銭や、評価という数値化しやすいい視点から一度離れて、あなただけの贅沢。
これを探してみるということは、あなたの人生を楽しく、豊かにすることではないかと考えます。

本日はこの辺りでお終いとしたいです。
最後までお読みくださいましてありがとうございます。

次回はきっと、もっと面白い話ができることでしょう。
ぜひ、またいらしてくださいね(*´ω`*)

この記事が、少しでもあなたのお役に立てたのでしたら幸いです。

あなたは人生を経営しています。
そのために必要な経営学がここにはあります。

護国経営コンサルティング
臼田 寛

↓     ↓     ↓     ↓
この話があなたのお役に立ったのならば、
ぜひ、本日のコンサルティング報酬として、
クリックをお願い致します(*´ω`*)



ホームに戻る方はこちらからどうぞ

当ブログは千のお悩み解決を目指します。
きっとあなたの問題解決のお役に立ちます(*´ω`*)
お悩み解決には下記からどうぞ↓↓

・哲学
哲学ナキ経営ハ経営ニ非ズ
・能力
能力ナキ経営ハ経営ニ至ラズ
・目的
目的ナキ経営ハ経営ト成ラズ
・人生経営
経営学ハ帝王学ソシテ人生ニ通ズ
・脳科学
人ハ脳ニヨリ生キ、脳ニヨリ死ヌ
・実践経営
実践コソ最良ノ学ビ
・護国の参加型企画
知識ヲ自ラノ血肉トス
・マジメに護国
貢献ノ幅ヲ広ゲル
・護国のどやぁ速報まとめ
人生ニ役立ツ一言ノウハウ集
・疑問、質問、お悩み、その他ご提案など
アナタノ悩ミヲ一発解決
・お知らせ
ゴ連絡トオ知ラセ

スポンサーリンク


-5分間コンサルティング, 哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたの好きな言葉はなんですか? あなたを幸せに導く言葉

スポンサーリンク あなたの好きな言葉はなんですか?   本日は参加型企画の日ですね 皆様こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のサイトにお越しくださいましてありがとうございます。 皆様のお …

3-3-0第一章三節 あなたの人生を経営する決意-3実践する

スポンサーリンク 実践する   いかに素晴らしい音楽家も、音楽を奏でることがなければその価値を主張することができない。 画家も、政治家も、企業経営者も、そして人生経営者であるところのあなたも、その例に …

『時代が求めているもの』 売るために必要となる考え方とは

『時代が求めているもの』   消費傾向の変化と理由 皆様こんにちは。 本日も5分で成果の向上ができる。 5分間コンサルティングを始めたいと思います。   前回に、 『消費傾向の変化』 このようなタイト …

『ターゲティングの本質』あなたの人生の経営者は誰ですか? 1日5分の自己投資 人生を経営するための100の経営術 能力の31 我が子に残す100の経営学

皆様こんにちは。 本日も5分で成果の向上ができる。 5分間コンサルティングを始めたいと思います。 先日に差別化の話を致しました。 差別化とは、 ・いつでも ・どこでも ・だれにでも これらを思い切って …

『あなたの給与を上げるために』すぐに実践できる最も簡単な方法

あなたの給与を上げるために   多くの方が好む話題 皆様こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のサイトにお越しくださいましてありがとうございます。   皆様のお時間を無駄にしないためにも、 …

スポンサードリンク

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文