お知らせ

きっと関心の薄い話 当ブログの内部事情 息抜きの近況報告8月19日

投稿日:2017年8月19日 更新日:


スポンサーリンク

当ブログの内部事情

本日もご訪問いただき、ありがとうございます

皆様こんにちは。
本日もこのようなネットの僻地。
護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。
そして本日は、5分間コンサルティングではありません。
注意をしてくださいね。

明日は日曜日。
ということで、息抜きの近況報告の日となります。
経営学やらノウハウやらとは一切関係なく、
私が近況に有ったことや思ったことを述べるだけです。
なので、まぁ、聞いてやるか。
と、心の広い方はこの先をお読み進めくださいね。
 

週末の近況報告っていってもさ…(´・ω・`)

暑い日が続きますね。
週末の近況報告です。

週末になる度に思うことなのですが。
毎週毎週、そんなに変わったことなんてないよね(´・ω・`)?
と、いつも以上に何を書くべきか困るのです。

あまりにネタが無いために、しれっと日常に思ったことなどを週末記事として配信してその場をやり過ごす。
こんな誤魔化しの手を幾度となく使用しております。

そろそろ、この手口もバレそうでしたので、自己申告をして好感度の低下を防ぎつつ。
今回も先日にふと感じたことを取り上げて週末記事とさせていただきます。
 

サイト運営社の必須ツール

さて、先日にアナティリクスを確認しておりました。
アナティリクス、便利ですよね。
最近はスマホアプリも導入して活用しております。

今回は、どのページが読まれているのか、また滞在時間が長いのか。
検索で開かれているページはどのようなページなのか。
または、ダイレクト割合はどれくらいなのかを調べておりました。

そんな折、ふと気になりました。
当ブログの直帰率60%。
今まで直帰率を気にしたことはありませんでしたが、この数値、高くない?と不安になったのです。

そして、調べてみたところ。
直帰率の目安は40%ほどが適正と知り。
ギェピー!!!これは、どげんかせんといかん!と慌てふためいた次第です。
 

直帰率を考える

ですがですが、よーく考えてみると。
私がネットを見ている時のほとんどが直帰率100%なのですよね。

特に、ブログを読んでいる時。
まず、該当記事を読んだら満足をします。
そしてブラウザを閉じます。

このような背景を考えますと。
むしろ40%の方は、当ブログの記事を読み、更に他のページを開いているということですよね。

これはもしかして、私が1ページで読み手さんの満足を引き出せていないのではないか。
このような危惧を覚えます。
また、1記事を読んでくださった上で、他の記事に興味を持っていただいていたのであれば、それはとでも嬉しいことですね。
 

サイト内滞在時間を考える

ちなみに直帰率は単体の数値にはそれほど意味は無いようです。
サイト内の滞在時間などのその他の数値と掛け合わせて考えると良いそうです。

直帰率が高くても滞在時間が長ければ、読み手の方はしっかりと読んで満足をしてお帰りいただいたということですね。
反面、直帰率が高く滞在時間も短ければ、期待はずれと評価されたと考えることができます。
もちろん、直帰率か低く滞在時間が長いことは素晴らしいことですね。

ちなみに当ブログの平均滞在時間はおよそ2分20秒です。
何とも言えない数字ですよね(´・ω・`)

何やこのブログ!閉じる閉じる!!という方と、まぁ読んだるか(*´ω`*)と方が半々くらいといえるのでしょうかね?
2分20秒以上当ブログを開いて下さっているそこのアナタ!!
ありがとうございます(*´ω`*)
やはりここは、もっと読み手の方に読む利益を感じて頂けるような記事を作らねばなりませんね。
当面の課題は、この点に設定することが良さそうです。
 

ダイレクトアクセス

あと、最近に密かに課題としていることは、読み手の方がどこから当ブログにやってきてくださるのかを調べることができます。
たとえば、ランキングサイトであったり、検索からであったり、はてブであったりということですね。
その中でダイレクトという項目があります。
これは、当ブログをブックマークをして頂いて直接飛んできてくださった方や、URLを直接打ち込んでくださった方と考えられます。

つまり、当ブログに需要を感じてくださり、定期的に読みに来ても良いな!と思っていただけた方。
このように理解をすることができます。

そして、このダイレクトにやってきてくださる方をいかにして増やすのか。
これが大きな課題でもあるのですね。

ちなみに、当ブログのダイレクトの割合は約3分の1に少し満たないといったところです。
この数値がいかがなものかはわかりません。
しかし、この数値を増やすためにも、やはり読んでいただいた方に、いいね!と感じていただくことが大切ですね。
 

ランキングアクセス

そして、最期にもう1つ。
これは当ブログが始まって以来、未だに改善されない問題なのですが、ランキングサイトからの流入が極めて少ないのです。

カテゴリを変えてみたり、紹介文などをアレコレ変えてみるものの、どうにもニーズとマッチしません。
キャッチコピー能力全開でアレコレ試したのですが、結果としては、アンタ本当にコンサルなの?といった体たらくです。

カテゴリや紹介文などをコロコロ変えていることが問題なのでしょうか。
それとも、企業キャッチコピーと同様に考えていることがいけないのでしょうか。

結局、どこからも人来てないじゃん。といったことなのですよね(;´∀`)
ブログ運営って、会社経営より難しいなと、割と本気で思っています。
 

さいごに

よって、ぜひぜひ皆様には、当ブログにランキングサイトからもブックマークからもドシドシ来ていただきまして。
ついでに検索からもたどり着いていただきまして、できるだけ長期滞在していただけたらとても嬉しいです(*´ω`*)

と、他力本願な寝言を言っておりますが、少しでも当ブログの記事で、あなたの人生経営のお役に立てることがありましたら幸いです。
週末に、このとりとめもない記事を読んでいただきましたあなたに、心より感謝を申し上げます。

本日はこの辺りでお終いとしたいです。
最後までお読みくださいましてありがとうございます。

次回はきっと、もっと面白い話ができることでしょう。
ぜひ、またいらしてくださいね(*´ω`*)

この記事が、少しでもあなたのお役に立てたのでしたら幸いです。

あなたは人生を経営しています。
そのために必要な経営学がここにはあります。

護国経営コンサルティング
臼田 寛

↓     ↓     ↓     ↓
この話があなたのお役に立ったのならば、
ぜひ、本日のコンサルティング報酬として、
クリックをお願い致します(*´ω`*)



ホームに戻る方はこちらからどうぞ

当ブログは千のお悩み解決を目指します。
きっとあなたの問題解決のお役に立ちます(*´ω`*)
お悩み解決には下記からどうぞ↓↓

・哲学
哲学ナキ経営ハ経営ニ非ズ
・能力
能力ナキ経営ハ経営ニ至ラズ
・目的
目的ナキ経営ハ経営ト成ラズ
・人生経営
経営学ハ帝王学ソシテ人生ニ通ズ
・脳科学
人ハ脳ニヨリ生キ、脳ニヨリ死ヌ
・実践経営
実践コソ最良ノ学ビ
・護国の参加型企画
知識ヲ自ラノ血肉トス
・マジメに護国
貢献ノ幅ヲ広ゲル
・護国のどやぁ速報まとめ
人生ニ役立ツ一言ノウハウ集
・疑問、質問、お悩み、その他ご提案など
アナタノ悩ミヲ一発解決
・お知らせ
ゴ連絡トオ知ラセ

スポンサーリンク


-お知らせ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

来年度目標と、値上げと、当ブログについて 10月28日の近況報告

スポンサーリンク 来年度目標と、値上げと、当ブログについて   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 ある時はコンサル目線にて企業経営について。 またある時は、あなたがあなたの人生 …

ブログ、ネタ切れせーへんの? 息抜きの近況報告4月15日

スポンサーリンク ブログ、ネタ切れせーへんの?   本日もご訪問いただき、ありがとうございます 皆様こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます …

最高率集客ツール『うれるDM』

私が自信を持をってオススメする 最高率集客ツール 『うれるDM』 を商品ラインナップに組み入れました。 この商品を一言で説明しますと、 いつも捨てられてしまっていたDMを 読まずにはいられないDMにす …

人のご好意で本日を生きています 9月30日の近況報告

スポンサーリンク ものもらいの臼田   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 ある時はコンサル目線にて企業経営について。 またある時は、あなたがあなたの人生の経営をしているというこ …

私、春めいています 気分も景気も上々で 息抜きの近況報告4月1日

スポンサーリンク 私、春めいてます   本日もご訪問いただき、ありがとうございます 皆様こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。 そして本 …

スポンサードリンク

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文