5分間コンサルティング 一冊目

この本を読んであなたが獲得するもの

投稿日:


スポンサーリンク

この本を読んであなたが獲得するもの

 
この本を読んであなたが得るものとは、あなたが生きたと言える人生を送るための知識と権利である。
では、自らが生きたと言える人生とは何であろうか。
私はこの答えとして、人生においての決断を行う自由であると解答する。

人はいつの時代でも、自由を求め命を危険に晒し戦ってきた。
自由とは人の尊厳であり誇りである。
これを失っては人は人ではなく家畜も同然となるのだ。
それほどに、かつて私たちが憧れ求めてやまないものが自由であった。

しかし、人とは愚かである。
それほどに求めた自由であれど、いざ手にしたのならばそれも日常。
その恩恵をすぐに忘れてしまう。
そして、自由の対価であるところの責任を重たく感じるとともに、今度はその重たさがストレスとなる。
結果、自由を程々のところで手放し、適度に人に管理されることを願う半家畜人間が誕生するのだ。
それでいて、彼らは自由を求めて声を上げる。
実に滑稽な姿だ。

断言しよう。
このようになった人間の尊厳が認められ、大切にされることはない。
なぜならこの世界において、あなたの最たる理解者とはあなたなのだ。
あなたがあなたの人生を手放したにも関わらず、誰かが受け止めて下さることなどあろうはずもない。
あなたの人生をプロデュースできる唯一の人間はあなたであり、あなたを愛することができる筆頭もあなただ。
甘ったれてはいけない。
あなたという理解者すら得られないあなたを、一体誰が理解しようと思うのか。
このことをしっかりと胸に刻んでいただきたい。

現在、社会には3種類の人がいる。
・自らのために自らの命を消費できる人
・他人のために自らの命を消費している人
・誰のためにも自らの命を消費できない人
この3者である。

自らの自由を掲げ、その責任を抱えることのできる方は自らの命を自らのものとできる。
責任の重さに耐えかね、自らの自由を明け渡した方はその分だけ自らの命を他の人に利用されてしまう。
そして楽を許された自らが、さらなる楽を自らに許し続けた結果。
誰からも必要とされない、ただ意味もなく消え行く命を抱えることとなる。

これが自由を失った人の末路だ。
自由を主張するためには相応しい責任を負う必要がある。
責任を負っただけのの自由を主張することができる。
その上で、どのような考え方を選ぶのかは当人の自由である。
しかし、この本を手に取りここまで読み進めていただいた向上心をお持ちのあなただ。
どうか、あなたの人生を生きていただくことを切に願う。

 

 

自由とは何か

さて、このような話をすると、自由とはどのようなことか具体的に教えて欲しいと質問を度々受ける。
意味として答えるのならば、他からの束縛を受けず自分の思うままにふるまえること。
アドラー的に答えるのならば、他者から嫌われることを恐れないことと言えよう。
しかし、この自由とは考え方によっていかようにも表情を変える。
つまり、どのように答えても確実に質問者の心を打つ答えとなるとは言えないのだ。

そのような時は質問者に尋ねればよい。
よって自由とは、今あなたが感じている不自由からの脱却である。
そして、より上位の世界に住むための権利である。
私はこのように答えるようにしている。

つまり自由とは、あなたの人生に起きている問題や滞っている原因の解消を意味する。
では、その問題や原因とは何か。これをしっかりと考え、認識していただきたい。
なぜなら、問題とは問題としなければ問題となることがない。
あなたが問題だと認識をしてはじめて、その問題は解決の必要性を訴え始めるのだ。

上記の説明から、およそ自由とはどのようなものかをご理解頂けたとは思う。
そして更に深く自由がもたらす恩恵を知っていただくために、その主たるものを紹介しよう。
人には不安や悩み、恐れを抱くの4つの要素がある。
あなたが抱くネガティブな感情も、およそ次のどれかに該当することだろう。

その4点とは、
・人間関係
・お金
・夢、目的
・健康
このように考えられている。
いかがだろうか、あなたの悩みはこの何れかに該当するのではないだろうか?
そして、自由とはこれら4点の不自由の改善や解放を意味する。

人間関係の自由

人間関係については、類は友を呼ぶという言葉がある。
自らの人生を生きている人はそのような方と、そうでない人はそうでない方との関係が構築されやすい。
この関係が俗に言う住む世界というものだ。
住む世界が違うという言葉は、自己の諦観を正当化するための言葉ではない。
あなたが望み、決意し、覚悟を持てばいつでもその世界に住まうことができるのだ。

お金の自由

お金に関しては、あなたにはあなたの能力に応じた対価が支払われているということを忘れてはならない。
自らの給与に不満を持つ方が多いが、その方は。
・自身を過剰に評価している
・自身の能力を適切に伝えることができていない
およそ、このどちらかであるといえる。
また、不満を持たぬ方でも、
・適切な対価の要求ができていない
このことにより、気付かぬ内に大きく自身の報酬を減らしている人も少なくない。

上記3点の能力は、意識レベルが能力レベルに直結しやすいといえる。
なぜなら先にも申した通り、人とは問題を問題と認識して初めてその対処を行うことを可能とする。
そして自らが見込む解決時の報酬が大きいほど人は問題を発見する力を高く保つことができるのだ。
企業経営者が異常なほどに気付きの能力が高いということもこのためと言える。
1つの気付きが値千金の価値を持つ。
1つの気付きの実行が大きな成功につながる。
経営者とはこのような世界で生きているのだ、それも当然のことと言えよう。

対して、その会社に使われている方はそのような恩恵が大きくはない。
値千金の価値を持った気付きを提案しても、またその実行により大きな成功を収めても、利益の大部分は会社により搾取される。
手に入るものは、いくばかかの評価と報酬でしかない。
しかし、これは組織に属する以上当然のことと言える。
この当然を理解してしまっているがゆえに、残念ながら多くの方は気付きの力を高く維持することができないのだ。

そしてこの考え、人生経営においても同様である。
あなたがあなたの人生が自らのものであると自覚をするほど、目の前の問題にしっかりと取り組むことができる。
そして、より良い環境を手に入れるために解決すべき問題に気付くことができる。
この問題解決能力と問題発見能力は紛うことなきあなたの能力なのだ。
これら能力が金銭対価に直結することは疑いようもないだろう。

夢・目的の自由

これは自己実現と、そのための意識の超越と言える。
自己実現とは、自己が本来もっている真の絶対的な自我を完全に実現することといえる。
では、あなたの真の絶対的な自我とはどのようなものかを考えてみて欲しい。
おそらく、すんなりと答えることができる人はごく僅かであろう。
これは、真の絶対的な自我とは自己の価値観の刷新を繰り返し行った結果たどり着く境地であると言えるからだ。
つまり自らの意識を超越し、改善を重ねた結果得るものが真の絶対的な自我であり、そして意識の超越と改善に終わりというものはない。
よって自己実現の本質とは、終わりの無き探求だ。
そして、この喜びを見いだせる者とは、真摯に自己の人生と向き合った方だけなのだ。
あなたがあなたの本当の夢や目的に出会いたい願うのならば、あなたがあなたの人生を生きるということが必須条件なのだ。

健康の自由

歴史的に見て、人の人生を使用できる者の生活とは優雅なものだ。
では、人に人生を利用される者の生活はどのようであっただろうか。
このように考えたならば、あなたがあなたの人生を自らのものとしなければならない理由とは、これ以上無いほどに明確となるだろう。
適切なゆとりとは、優秀な経営者に与えられたひとつの恩恵である。
そこには過労もなければ疲弊もない。
これらはあなたの健康に大きく寄与するだろう。
さすがに生き死に関してなど人智を越えた問題には抗うことはできないが、それでも治療や療養、または安静を選択する自由はその改善に大きく貢献するだろう。

また、25年度のデータであるが、我が国の平均寿命は男性が80.21歳、女性が86.61歳であった。
年々伸びていくこの数字に対し、健康寿命のデータは男性が71.19歳、女性が74,21歳である。
平均寿命と健康寿命の差が、男性においては約9年、女性においては約12年もあるのだ。
健康寿命とは、私たちが日常的、継続的な医療や介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のことである。
つまり先のデータでは、男性において9年、女性において12年の不自由な期間を経て私たちは死に至ることを示している。
恐ろしいことに、これは平均的な数値である。
よって、私たちは定年を65歳であると考えて、男性は定年の数年後には自立した生活を失い、何らかの医療や介護に依存して生活することを余儀なくされるのだ。
これはあんまりな数字ではないのかと考えずにはいられない。

しかしこの事実を気付かず、暗黙の内に受け入れているということが、人生を消費し搾取されているということである。
気付けない者に落ち度があるのだ。
まさに1つの気付きが値千金であると言えよう。
よって、この事実を避けたいと願うのならば、あなたは平均的な生活をしないことだ。
あなたはあなたに適した物を食べ、適した時間を働き、適した時間を休み楽しむ。
そして、人生の楽しみとは65歳からの定年後にあるのではなく、今にこそあるということを強く認識しなくてはならない。
あなたが心身ともに健やかであるために、人生を自らのものとすることは重要である。

さて、これまであなたが、この本を読むことで得ることについて述べた。
あなたがあなたの人生を生きる、あなたの人生を経営することで自由を得るための知識と権利がこの本を読むことで備わるだろう。
しかし、その知識も権利も「ただ知っている」ことに何の意味も持たない。
知識とは適切に行使して初めて、権利とは適切に主張して初めて意味と効果を成す。
その方法を次の項目から伝えていきたいと思う。

その方法を伝えるにあたっては、
・あなたの人生を経営する決意
・あなたの人生を経営する覚悟
この2つの視点から解説をしたいと思う。

あなたの人生を経営する決意とは、人生経営の基礎となる土台。
つまり、あなたの信念をしっかりと構築することを意味する。
決意がなければ何事も成すことができず、基礎という土台無き上にいかな能力で成果を築いても砂上の楼閣となる。
最も地味で、最も面倒で、しかし最も大切なものだ。
まずはこの作業に取り組んだいただく。

あなたの人生を経営する覚悟とは、先にも申した通りあなたが得る自由への対価と言える。
どれだけの覚悟を背負うかにより、その恩恵は決定する。
しかし、注意すべき点として、いきなり多くを背負い込む必要はない。
自己の意識が徐々に向上していくように、この覚悟も徐々に高めていけば良い。
その繰り返しの自己改革こそが大切なのだ。

では、準備は良いだろうか。
これより、あなたの人生を獲得するための決意と、覚悟を取りに行く。
どうか200ページの旅を終え、その恩恵を手にしていただきたい。

 

本日はこの辺りでお終いとしたいです。
最後までお読みくださいましてありがとうございます。

次回はきっと、もっと面白い話ができることでしょう。
ぜひ、またいらしてくださいね(*´ω`*)

この記事が、少しでもあなたのお役に立てたのでしたら幸いです。

あなたは人生を経営しています。
そのために必要な経営学がここにはあります。

護国経営コンサルティング
臼田 寛

↓     ↓     ↓     ↓
この話があなたのお役に立ったのならば、
ぜひ、本日のコンサルティング報酬として、
クリックをお願い致します(*´ω`*)



ホームに戻る方はこちらからどうぞ

ただいま当ブログでは、期間限定にて2018年企画のアンケートを実施しております。
もしよろしければ、あなたの一票をいただけますと幸いです。

当ブログは千のお悩み解決を目指します。
きっとあなたの問題解決のお役に立ちます(*´ω`*)
お悩み解決には下記からどうぞ↓↓

・哲学
哲学ナキ経営ハ経営ニ非ズ
・能力
能力ナキ経営ハ経営ニ至ラズ
・目的
目的ナキ経営ハ経営ト成ラズ
・人生経営
経営学ハ帝王学ソシテ人生ニ通ズ
・脳科学
人ハ脳ニヨリ生キ、脳ニヨリ死ヌ
・実践経営
実践コソ最良ノ学ビ
・護国の参加型企画
知識ヲ自ラノ血肉トス
・マジメに護国
貢献ノ幅ヲ広ゲル
・護国のどやぁ速報まとめ
人生ニ役立ツ一言ノウハウ集
・書籍一冊目
私ノ全力デアリ命トスルモノ
・疑問、質問、お悩み、その他ご提案など
アナタノ悩ミヲ一発解決
・お知らせ
ゴ連絡トオ知ラセ

スポンサーリンク


-5分間コンサルティング, 一冊目

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

學問ノスヽメ 『天は人の上に人を造らず』の本当の意味と出典元

學問ノスヽメ 『天は人の上に人を造らず』の本当の意味と出典元   皆様こんにちは。 本日も5分で成果の向上ができる。 5分間コンサルティングを始めたいと思います。 學問ノスヽメ 何ともまぁ、 …

絶対はある!! 私たちはときに冷静に、ときに情熱的に生きていく

スポンサーリンク 絶対はある!!   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。 あなたの人生は …

『優先順位はありますか?』あなたの人生の経営者は誰ですか? 1日5分の自己投資 人生を経営するための100の経営術 能力の55 我が子に残す100の経営学

皆様こんにちは。 本日も5分で成果の向上ができる。 5分間コンサルティングを始めたいと思います。 前回では経営者の仕事とは、 1.正確かつ迅速に、会社のあらゆる事項に決定を下すこと。 2.自分以外の者 …

あなたの視点拡張シリーズ5つ目 逆視点が魅力と価値を向上する

スポンサーリンク 逆視点   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。 あなたの人生は、あなた …

今日からできる!あなたもできる! スピード経営術の極意

スポンサーリンク スピード経営術の極意   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。 あなたの …

スポンサードリンク

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文