5分間コンサルティング 能力

今日1日でできること

投稿日:


スポンサーリンク

今日1日でできること

 

本日もご訪問いただき、ありがとうございます

こんにちは。
ある時はコンサル目線にて企業経営について。
またある時は、あなたがあなたの人生の経営をしているということに気付いていただくための人生経営について。
そして、時々与太話。

何とも迷走している当ブログ。
このようなネットの僻地にお越しくださいましてありがとうございます。

そして本日は~。
ジャカジャカジャカ♪
バン!!
企業経営のお話をしたいと思います。

会社の成果を上げるためのプロセスは決して難しいことではありません。
いかに見るのか、気付くのか、そして知り理解した上で、決意し覚悟し、行動し継続するのかということです。
これらの一つひとつの精度をいかに向上するのかということが問われているだけということですね。
そして、この点は企業経営、人生経営と密接な関連があるのです。
企業に属さないあなたもぜひ一緒に考えてみてくださいね。

そのために、5分で成果の向上ができる5分間コンサルティングを早速始めましょう。
何の因果か、当ブログにたどり着くほどの向上心をお持ちのあなたです。
日々の5分の習慣が、あなたの人生をより輝くものとすることでしょう。
ちなみに当ブログは毎夜21時には更新完了致します。
どうぞよろしくお願いを致しますm(__)m
 

人生とは今日一日のことである

先日にご紹介した、「今日は何したカレンダー」
いかがでしょうか、活用してくださっている方はいらっしゃるでしょうか。

「人生とは今日一日のことである」
これは、私の最も好きな言葉と言っても過言でない、デール・カーネギーの言葉です。
私の名刺にもこの言葉が書かれているほどに、私はこの言葉を愛しています。

さて、そのように1日を見つめていらしゃる方には、或いは既にそのような視点をお持ちの方はご存知のことでしょう。
私たちが1日でできることなど、たかが知れているということです。

その小さな1日を積み重ねることが人生とも言えるのですが、それはとても途方もないことです。
つまりは途方もない努力こそが人生といえるのでしょうかね。
 

三日という期間

しかし傍ら。
三日会わざれば刮目して見よ。なんて言葉もあります。

そうか、刮目して見なければわからないような変化かと、つい天邪鬼になる私ですがイカンですね。
これは損をする考え方です。
まずは物事や事実を肯定し、しっかりとその意を受け取ってからの持論展開があるべきです。

そうしないことにより、私たちは自らに入る情報を知らずの内に選り好みをしてしまうのですね。
アイツの言うことは下らない聞くに値しないとしてしまえば、今後一生アイツからの有益な情報は絶たれてしまいます。

対して、何でもまずしっかりと受け止める方は、様々な方からの情報を手に入れます。
またそれだけでなく、しっかりと聞くことで話す方も気分がよく、より多くの情報を労を欠けずに得る環境を創ります。
あなたはどちらの環境を得るべきか、言うまでもありませんね。
 

本質を探す

脱線脱線。
久々に大幅な脱線をいたしました。
脱線と言えば、福知山線事故があったのは2005年のことでしたね。

死者107名、負傷者562名。
何とも痛ましい事故でありました。
当時は今ほどの分別もつかない子供でありましたが、それでもとんでもない事故が起きたとテレビの前で固まっておりました。

しかしこれだけの事故でありながら、JR鉄道の廃止をせよという論調を聞いたことがありません。
ちなみに2016年度自動車事故による死者数は3,904名です。
その上で、自動車は危険だ廃止せよとの意見も私は聞いておりません。

ところで、原発が原因で亡くなった方は何名かご存知ですか?
死傷者数だけがことの重要性ではない。
たしかにその通り、しかしその本質を客観的に見てもとある論調の異常性が目に付くというところではないでしょうか。
 

物理と能力と精神

さて、いい加減にしないと殴られそうですので本題に戻しましょう。
三日会わざれば刮目して見よとは、その内面を示します。
つまり精神性の成長著しいということですね。

私たちの日々の成長と一言で申しましても、そこには物理的な成長、能力的な成長、精神的な成長があります。
分かりやすく、そうですね。挨拶を例に取ってみましょう。
物理的とは、その回数です。
能力的とは、その表現方法です。
精神的とは、その思いの丈と考えてください。

あなたが現在に十分に挨拶ができている場合、その回数を2倍3倍と増やすことが素晴らしいかというとそうでもありませんね。
明らかに求められていない不要なときに、ここぞとばかりに挨拶をするようではその人格も疑われてしまいます。

その点、表現方法を個人個人に合わせたり、感謝の思いの丈があなたの経験や成長に伴い洗練されていくという点では大いに向上があるべきです。
この時、成長を物理的側面のみをもって捉える方と、上記3点を見つめることのできる方。
今日1日でできることに、一体どれほどの違いをもたらすのでしょうか。
 

1日における成長

それでも、私たちの1日とはたかが1日です。
何かを成すにはとても短く、そのためには幾千と日々を積み重ねる必要があるのでしょう。

ですが、その小さきものだからこそ。
マクロの世界でその効率を見つめることが大切であるのです。

小さな毎日をただ小さいとし思考停止にただ積み上げているだけでは、人生においてとても大きな遠回りを強いられます。
よってあなたも成長というものを一度分解し、その各々の1日の成果を考えてみるべきではないでしょうか。

このような私の提案を、一旦は受け止めて頂けること。
その上で本質を見て持論を展開し、実行するのか否かを考えていただけましたら幸いです。

本日はこの辺りでお終いとしたいです。
最後までお読みくださいましてありがとうございます。

次回はきっと、もっと面白い話ができることでしょう。
ぜひ、またいらしてくださいね(*´ω`*)

この記事が、少しでもあなたのお役に立てたのでしたら幸いです。

あなたは人生を経営しています。
そのために必要な経営学がここにはあります。

護国経営コンサルティング
臼田 寛

↓     ↓     ↓     ↓
この話があなたのお役に立ったのならば、
ぜひ、本日のコンサルティング報酬として、
クリックをお願い致します(*´ω`*)



ホームに戻る方はこちらからどうぞ

ただいま当ブログでは、期間限定にて2018年企画のアンケートを実施しております。
もしよろしければ、あなたの一票をいただけますと幸いです。

当ブログは千のお悩み解決を目指します。
きっとあなたの問題解決のお役に立ちます(*´ω`*)
お悩み解決には下記からどうぞ↓↓

・哲学
哲学ナキ経営ハ経営ニ非ズ
・能力
能力ナキ経営ハ経営ニ至ラズ
・目的
目的ナキ経営ハ経営ト成ラズ
・人生経営
経営学ハ帝王学ソシテ人生ニ通ズ
・脳科学
人ハ脳ニヨリ生キ、脳ニヨリ死ヌ
・実践経営
実践コソ最良ノ学ビ
・護国の参加型企画
知識ヲ自ラノ血肉トス
・マジメに護国
貢献ノ幅ヲ広ゲル
・護国のどやぁ速報まとめ
人生ニ役立ツ一言ノウハウ集
・書籍一冊目
私ノ全力デアリ命トスルモノ
・疑問、質問、お悩み、その他ご提案など
アナタノ悩ミヲ一発解決
・お知らせ
ゴ連絡トオ知ラセ

スポンサーリンク


-5分間コンサルティング, 能力

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

死に甲斐という考え方 本当の生き甲斐を知るために

スポンサーリンク 死に甲斐という考え方   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。 あなたの …

理不尽と踊る、過酷を喜ぶ

スポンサーリンク 理不尽と踊る、過酷を喜ぶ   みなさんこんばんは。 お久しぶりです。 えらくお久しぶりとなりました。 しかし、今回は本文に入る前の前置きをしている時間がありません。 いきなり本文とな …

手紙を書いていますか? 手紙によって得られる気付きと能力とは

手紙を書いていますか? 手紙によって得られる気付きと能力とは   皆様こんにちは。 本日も5分で成果の向上ができる。 5分間コンサルティングを始めたいと思います。   手紙を書いていますか? …

あなたはこれから、どのような人生を送るのですか

スポンサーリンク あなたはこれから、どのような人生を送るのですか   本日は参加型企画の日ですね 皆様こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のサイトにお越しくださいましてありがとうございま …

『サービスは購入後に』あなたの人生の経営者は誰ですか? 1日5分の自己投資 人生を経営するための100の経営術 能力の16 我が子に残す100の経営学

皆様こんにちは。 本日も5分で成果の向上ができる。 5分間コンサルティングを始めたいと思います。 私は街を観察するとこが、仕事上の日課となっているのですが。 その度に疑問を感じることが少なくありません …

スポンサードリンク

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文