5分間コンサルティング 一冊目

3-3-2第一章三節二項 あなたの人生を経営する決意-3実践する-2ポジティブである

投稿日:


スポンサーリンク

ポジティブであること

 
物事の実戦に当たるにおいて、あなたがポジティブであることは非常に重要だ。
ポジティブであるということは、それだけであなたの価値や魅力を上昇のサイクルへと乗せる。
対してネガティブであれば下落サイクルに乗ることを余儀なくしてしまう。
あなたが自らの人生を送るために価値や魅力を高めようと努力をする際に向かい風が吹くのか、それが追い風となるのかの違いをもたらす。
ここではポジティブについての話をしたい。

ポジティブとネガティブについてはビジネスの場を主に既に語り尽くされていると言って良い。
その中で私たちはポジティブで優位性をしっかりと理解している。
もちろん私もポジティブであることが良いことであることを全く否定しない。
その上で、私なりの考えというものもいくつかを持っている。
ここでは、その持論と考え方について紹介する。
今回の要点は、
・ポジティブとは何か
・ポジティブは必須である
・本当のポジティブになるためには
この3点からポジティブについての理解を深めたいと思う。
当項を読み終えたとき、あなたはポジティブについてより深く理解をすることだろう。
そしてポジティブのメカニズムを知ることにより、自己による管理を可能とすることだろう。
この能力はあなたの努力に大きな相乗効果をもたらす。
実際に行動をするまでに、必ず身に付けておくべきものである。

 

・ポジティブとは

ポジティブとは何か。
私がこのような質問をした時、積極的、実証的、前向き、楽観的、上昇志向、プラス思考、陽気、明るい、楽しい。
およそこのような解答が出揃う。
私はこの答えの中で、前向きという点に特に注目をする。
対して楽観的という点に注意を促すのだ。

つまり何かのトラブルが起きた際、その事実を正確に捉え必要以上に落ち込まないこと、または前向きな姿勢を保つことがポジティブであると私は考えている。
事実を正確に捉えることなく、ただ楽観を保つということをポジティブとしてしまうことで、私たちは自らの価値や魅力を大きく損ねかねない。
たとえば、ダイエットを例としてみよう。
日頃からダイエットに取り組み順調に減量をしていたものの、昨日は付き合いから焼肉を食べてしまった。
昨日に比べ1キロも増加している。
この際に増加した1キロをきちんと捉え、それでも期日の目標の達成のためにどのような手段を用いるべきかを前向きに考えるとが大切だ。
反面、事実から目を背けその分に期日を延ばしたり、手段を講じることなくただ楽観を保ってはかえって自らを甘やかすこととなる。
この甘えはあなたの成長を阻害する要因となるのだ。

よって、ポジティブとは前向きの姿勢を保つための考え方である。
その上で、プラスとマイナスとは表裏一体である。
先の例で言うのならば、1キロというマイナスの対価はしっかりと享受したはずなのだ。
そのマイナスではなくプラスに焦点を合わせ、美味しかった、幸せだった、これからも頑張れると自らを鼓舞することが重要であると言えよう。
よって私はポジティブの従来論を概ね肯定し、その上で前向きであることの重要性と、ただ楽観的であることの危険性を訴える。

 
・ポジティブとは必須である

さて、次に。
私たちは、主に2つの世界を持つ。
その世界とは個と公である。
個の世界においてあなたとは全てだ。
あなたの価値観において、どのようにも作り変えることができ、どのような快楽を追求しても良い。
しかしあなた個人で完結せず、またはその可能性が生じた時に個の世界とは成り立たない。
その時は、あなたは公の世界に相応しい態度や考え方を所持し用いなくてはならない。

これが、私がポジティブとは必須であるとする理由だ。
あなたが休日に部屋に閉じこもり、どのような本を読んでも、映画を観ても、いかな思考を巡らせるもそれは自由だ。
だが一度外に出たのならば、近所の住人と顔を合わせるかもしれないし、商店を利用した時には相手がいる。
そのとき世界は個ではなく公に変化している。
あなたはこのとき公の世界での対応をしてはならない。

これが休日ではなく、その場が会社などであれば尚の事だ。
人とは人に影響される。
あなたが原因で誰かの気持ちを暗くしたり、または落胆させるということが有ってはならない。
そうではなく、あなたは周囲を明るくし前向きな姿勢を維持するために貢献する方で無くてはならない。
これは人への最低限の配慮でありルールであると心得るべきである。
自らの都合で周囲に負担をかける行為とは甘えに他ならない。

これが私がポジティブであることが必須であるとする理由だ。
従来論ではポジティブであるべきと推奨する言葉が多い。
私はそうではなく、ポジティブとはあなたの人生において無くてはならない最低限の考えであると述べる。
また、あなたが自らの人生を経営するというのならば、この考えは当然のものとしなければならない。
多くの方が達し得ない目的を達成するためには、相応しい考え方や態度、努力を必要とするのは当然のことだ。
ぜひ、あなたも自らの中に揺るがぬポジティブを確立して欲しい。

 
・本当のポジティブとなるためには

ポジティブと一言でまとめても、そこには本物と作り物がある。
両者の価値には雲泥の差があるのだが、この真贋について述べるものは非常に少ない。
しかしこれはポジティブを語る上で非常に大切だ。
よってここでしっかりと話しておきたいと思う。

まず、作り物のポジティブがどのようなものであるかというと。
作り物のポジティブとは、ポジティブになろうとしてポジティブになっている状態である。
大方のセミナーなどで、または本書においてもポジティブになりましょうと語り促し、その聞き手の方や読み手の方がポジティブを心がけてもそれは所詮作り物ということである。
つまり、世の中の大半のポジティブとは作り物なのだ。

では、本物のポジティブがどのようなものかというと。
これは高度の自信や事実に裏打ちされたポジティブである。
つまり、その前向きを当然と認識し、疑いが生じ得ない域まで高めたもの。
私はこれを本物のポジティブと考える。

先に、ポジティブとは何かという説明の中で、プラスとマイナスとは表裏一体であると述べた。
表裏一体である以上、少しの変化でプラスはマイナスへと姿を変え、マイナスもプラスへと姿を変える。
私たちの感情とは大変に移ろいやすく、昨日はポジティブであったものが、僅か1日にしてでネガティブとなる。
このようなことも少なくない。
その点高度の自信や事実とは揺らぐことが少ない。
本物のポジティブは、あなたに揺らぐことのない安定と成長をもたらす。
この両者の価値に雲泥の差があることをご理解いただけただろう。

では、どのようにして本物のポジティブを獲得すればよいのか。その方法を述べる。
既にあなたは前項を読んでいることだろう。
よって、前項との関連性にお気付きもしれない。
ここでは高度の自信、揺らがぬ事実を作るための前項のノウハウを適用することができる。
あなたの長所や実績を、どのような些細なことでも良い。
まずは収集しその地盤をしっかりと固める必要がある。
そしてその地盤を徐々に拡大していくことだ。
大木が根付くためには相応しい土地を必要とする。
あなたが今後の成長を望む上で大きく花開かそうとするのであれば、その地盤の拡大は必須なのだ。

その上で、本物のポジティブの獲得に効果的な方法とは自己承認である。
つまり自らの努力と価値や魅力を認め、褒め、称えるということだ。
これは自らにおいて明確な快楽となる。
快楽とは人の行動原理の根幹である。
この快楽を求めるがために人は努力を可能とし、その努力はあなたの成長をもたらす。
成長したあなたはより広い視野を持ち、より大きな快楽を願望とし、その達成の必要性を生み、努力とさらなる成長を獲得する。
この循環を前向きな姿勢を持って行うこと、この能力を私はポジティブと呼ぶのだ。

あなたがあなたの人生の獲得に向け、いざ行動を実践をするにあたりこの事実を知っておくべきだろう。
世の中にポジティブでない方は非常に多い、そして自己をポジティブであると誤って認識している方も多い。
その中で本物のポジティブを知る方とは、非常に稀有な存在となる。
しかしあなたはこの事実を知った。
これは大きなアドバンテージとなることだろう。
ぜひ、大いに活用して欲しい。

本日はこの辺りでお終いとしたいです。
最後までお読みくださいましてありがとうございます。

次回はきっと、もっと面白い話ができることでしょう。
ぜひ、またいらしてくださいね(*´ω`*)

この記事が、少しでもあなたのお役に立てたのでしたら幸いです。

あなたは人生を経営しています。
そのために必要な経営学がここにはあります。

護国経営コンサルティング
臼田 寛

↓     ↓     ↓     ↓
この話があなたのお役に立ったのならば、
ぜひ、本日のコンサルティング報酬として、
クリックをお願い致します(*´ω`*)



ホームに戻る方はこちらからどうぞ

ただいま当ブログでは、期間限定にて2018年企画のアンケートを実施しております。
もしよろしければ、あなたの一票をいただけますと幸いです。

当ブログは千のお悩み解決を目指します。
きっとあなたの問題解決のお役に立ちます(*´ω`*)
お悩み解決には下記からどうぞ↓↓

・哲学
哲学ナキ経営ハ経営ニ非ズ
・能力
能力ナキ経営ハ経営ニ至ラズ
・目的
目的ナキ経営ハ経営ト成ラズ
・人生経営
経営学ハ帝王学ソシテ人生ニ通ズ
・脳科学
人ハ脳ニヨリ生キ、脳ニヨリ死ヌ
・実践経営
実践コソ最良ノ学ビ
・護国の参加型企画
知識ヲ自ラノ血肉トス
・マジメに護国
貢献ノ幅ヲ広ゲル
・護国のどやぁ速報まとめ
人生ニ役立ツ一言ノウハウ集
・書籍一冊目
私ノ全力デアリ命トスルモノ
・疑問、質問、お悩み、その他ご提案など
アナタノ悩ミヲ一発解決
・お知らせ
ゴ連絡トオ知ラセ

スポンサーリンク


-5分間コンサルティング, 一冊目

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不景気と嘆くほどあなたの可能性は死滅する 私の周囲は不景気ではない

皆様こんにちは。 本日も5分で成果の向上ができる。 5分間コンサルティングを始めたいと思います。 皆様、いまは不景気でしょうか? 現在が不景気か否かに対し、答えを出すのはおよそ経済学であると考えられま …

あなたは「いま」を生きていますか? 生きるべき未来を見つける

スポンサーリンク あなたは「いま」を生きていますか?   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうございま …

三段論法の罠 世の中を正確に定義付けできることはとても少ない

スポンサーリンク 三段論法の罠   本日もご訪問いただき、ありがとうございます こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。 あなたの人生は、 …

認知・判断・操作 車の運転と人生経営はとてもよく似ている

  スポンサードリンク 車の運転と人生   本日もご訪問いただき、ありがとうございます 皆様こんにちは。 本日もこのようなネットの僻地。 護国のブログにお越しくださいましてありがとうございます。 あな …

ブログ運営3ヶ月となり思うこと 息抜きの近況報告2月25日

ブログ3ヶ月突入   本日は近況報告です 皆さんこんにちは。 護国経営コンサルティングの臼田です。 今日は、5分間コンサルティングではありません。 注意をしてくださいね。   明日は日曜日。 というこ …

スポンサードリンク

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
このエントリーをはてなブックマークに追加

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文